Hosts の紹介

ニュージーランドとの出会い、そして移住まで

 

 結婚翌年の19922月、編集者、看護師として時間に追われ、自分を振り返るゆとりをもてない日々。そんな東京での生活、将来に不安を抱き、3カ月の休職をもらい、ニュージーランドを自転車で旅したのがこの国との出会いでした。トライアスロンが趣味だった2人、大自然と英語環境が魅力のニュージーランドは短期間に自転車で回れる最適地と考え、実行。

キャンプ場でのテント生活をほぼ毎日繰り返しつつ、70km100kmの小移動は、「日本人など見たことがない」といわれる小さな村へも滞在することになり、この国の人々の価値観、自然観、生活観を体感。また自然環境の素晴らしさに、すっかり魅せられて帰国。

帰国後は再び同じ職場に復帰したものの、子供をもうけてから、日本での生活自体に行き詰まりを感じ、移住を夫婦ほぼ同時に考え始め、1999年7月、家族5人で移住。同年10月に永住権を取得しました。


野口文男
Fumio Noguchi

野口文男

 

 Fumio Noguchi   

 

1964年、群馬県生まれ。青山学院大学経営学部経営学科(観光論専攻)卒業後、約10年間出版社に編集者として勤務。大学在学中は体育会陸上競技部で箱根駅伝を目指した。

 19997月、家族5人でニュージーランド移住。1年間はクライストチャーチに在住し、語学勉強と、アウトドアリクリエーション、マオリカービングアカデミーに通う。20007月、ネルソンへ引越し。同年11月「さくらB&B」オープン。

 B&Bでは2002年より、毎年日本を代表する陸上選手の合宿を迎え入れ、以来、03年パリ世界陸上、アテネ五輪、ヘルシンキ世界陸上、大阪世界陸上、北京五輪、09年ベルリン世界陸上、16年リオデジャネイロオリンピック代表選手らの合宿をサポート。

自身のボーンカービング工房では、日本人の感性と「根付」の知識、技術を取り入れ、独自のアート作品を創造中。ネルソンサタデーマーケットに出店する他、ニュージーランド国立博物館内”Te Papa Store”、オークランド、ホットウォータービーチのほか、ネルソンエリアの複数ギャラリーショップに作品を供給。ネルソンや首都ウェリントン、他複数都市で展示会(Exhibition)を行うなど、活動域を広げている。

www.nzboneart.com

趣味は古根付蒐集、ランニング、アンティークショップ巡り、ダーツ。ワインとビール、日本酒の晩酌が欠かせない。

我慢大会優勝で乗用車獲得の経験あり。

 


野口早百合
Sayuri Noguchi

野口早百合

Sayuri Noguchi

 

 1966年、宮城県生まれ。東京で看護学校卒業後、看護師として11年勤務。トライアスロンが趣味で数多くのレースに参戦。日本で一番長い「オロロンライントライアスロン」も完走した。3人息子の出産をはさみつつ、ケーキ、パン教室通いに熱中。また洋菓子学院、割烹、小料理学院も卒業して、ニュージーランドへ移住。

1999年,自宅にてケーキ教室を開講。ネルソン移住後は、B&B経営のほか、ケーキ、パン、料理教室を随時リクエストに応じて開講してきた。

 陸上選手の合宿受け入れ中は、毎日朝昼晩と3食をバランスよくバラエティーとボリュームに富んだメニュー作りと料理(+笑顔)で好評を得ている。

ウォーキングとジムトレーニングで体調管理プラス感性を研ぎ澄ましつつ、空手は2010年に黒帯獲得。2007年に和太鼓チーム「雷神」を立ち上げ、これまでに和太鼓6台を手作り。地元のお祭りなど年に数回の公演をし、日本の文化、心に響く音を轟かせている。2014年7月、ロサンゼルスのWorld Taiko Getheringに参加。

2017年より雑誌「月刊ニュージー」にて料理の連載”ニュージーランドの旬で作る今日のおかず”を隔月執筆中

 


野口真史府
2016 Oct

野口真史府

Mashifu Noguchi

 

1993年、東京生まれ。5歳半でニュージーランド移住後、すぐに現地学校へ入学。Stoke School, Broadgreen IntermidiateからNayland Collegeへ。2004年より空手を習い始め、07年、08年とNZ北島空手トーナメント個人型、組み手と2連覇。2009年「誠道空手全国大会」の型で優勝。2010年、黒帯に。

八百屋の早朝アルバイトで大学進学資金を貯め、 2010年には高校の校長賞受賞、11年はMajor Award受賞。3つのスカラーシップを取得し、2012年よりCanterbury University へ。トレッキングやカヤッキング、アドベンチャーレースへと興味を広げている。2015年カリフォルニア大学へ交換留学生としてDavisに半年間在住。アメリカの国立公園6つを歩き回り、NZへ帰国。11月末よりHolmes Consulting Groupへ就職。2016年10月より京都大学大学院エネルギーサイエンス科にて2年間の研究生活をスタート。

 


Toma (Left) in Australia Tour
Toma (Left) in Australia Tour

野口冬馬

Toma Noguchi

 

1997年東京生まれ。2歳でニュージーランド移住後は、現地保育園に通い、蜘蛛、昆虫とりに熱中。近所でも「蜘蛛好きトーマ」として有名に。

2004年よりバグパイプを習い始め、2006年よりソロでコンペティション参加開始。08Cグレードで2位,09年にはCグレードで優勝などの成績を収め、2012年にはBグレード入り。07年から4年連続で元旦の老人ホーム慰問演奏(ソロ)。中学以来バスケットボールに熱中。毎年全国大会へ駒を進める他、2010年にはNZ代表(U14)としてオーストラリアへ遠征。2011年と2013年にはNZ全国高校生大会4位。キャプテンとして部を率いた2014年は全国17位。高校卒業後の2015年はギャップイヤーをとり、フルタイムで働きながら旅行資金作り。7月~10月ヨーロッパ旅行敢行。3つのスカラーシップをとり2016年からオタゴ大学にてビジネスを学ぶ。

 


野口京平
Kyohei Noguchi 

野口京平

Kyohei Noguchi

 

1999年、東京生まれ。生後11週でニュージーランド移住。生後5か月から現地保育園に通い始める。1歳時より本物のハンマー、のこぎりを握り始め、一番父親の仕事に興味を持っている。

釣り大会で優勝するなど、NZテレビタレントからもほめられる腕前。バスケットボールでU13、U15ネルソン代表。将来なりたいのは「ギャンブラー」「プロダーツプレイヤー」「アンティークディーラー」「パティシエ」??

始めて参加したダーツトーナメントでは、2週目に「180」を記録。

 クッキング、特にデザート作りには熱心。我が家の「デザート奉行」。

2015年4月より日本の高校へ逆留学し、2016年1月にNZ帰国。Nayland Collegeに復学後、生徒会役員として最終学年を楽しんだ。

2017年ギャップイヤーをとり、将来を模索しつつスーパーマーケットでアルバイトの生活。2017年5月より、Jade Carving(翡翠彫刻)を習いに単身ウェストコーストに。